遺産相続で借金を相続してお悩みの方へ

遺産相続では、一身専属権を除いて、死亡した人のすべての権利義務を包括的に承継します。

土地や財産はもちろん、死亡した人に借金がある場合は相続人が返済を引き継がなければなりませんし、死亡した人が借金の連帯保証人になっている場合には、その地位も承継します。

不動産の弁護士のことなら、こちらをご参考にしてください。

特に、死亡した人が連帯保証人になっている場合には、主債務者がちゃんと借金を返済すれば問題はありませんが、もしも主債務者が破産したり夜逃げなどをした場合には残りの債務をすべて負う羽目になるので判断が難しいところです。

遺産相続においては、相続人が予期せぬ借金を相続して生活破綻に陥らないために、「相続放棄」と「限定承認」という制度が用意されています。

神戸の相続放棄に関する情報を公開中です。

相続放棄とは、文字通り、相続を放棄してすべての権利義務を承継しないことを意味します。

京都の相続に関する特集が満載です。

相続放棄が認められれば、「相続人ではない」と見なされますので、いっさいの遺産相続に関する手続きに関与しなくなります。


相続放棄をするには、相続を知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に届出をする必要があります。

独自のシステムでhttp://smany.jp/5421に関連した情報が掲載されています。

限定承認とは、借金を相続財産の範囲内で支払うことができる制度です。

http://talk.m3q.jp/?topic_id=12&comment_content=%25255B%254013%25255D&page=809

限定承認をすれば、財産よりも借金の方が多い場合には財産の範囲内で借金を支払い、それを超える分は相続をしないですみます。財産の方が多い場合には残った財産を相続できます。
注意点としては、限定承認は相続人全員でする必要があるということです。
相続人のうち1人でも相続放棄をしてしまうと、限定承認はできなくなります。相続放棄、限定承認ともに、相続を知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に届出をすることが必要であり、3ヶ月を過ぎると自動的に単純承認したものと見なされ、すべての権利義務を承継することになります。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/7770928.htmlの専門サイトのココです。

また、相続財産になんらかの処分行為を行なった場合も単純承認したものとみなされる場合があるので、相続財産には手を出さないことが重要です。


関連リンク

特別受益者がいるときの遺産相続

大家族で子供の人数が多いような場合、一家の大黒柱が亡くなったときに起こりがちなのが、遺産相続をめぐる家族同士のトラブルです。このような場合であっても、民法という法律のなかでは、亡くなった人と血縁的にどのような関係にある人が、どの程度の割合で遺産相続ができるかを明らかにしており、これを法定相続分と呼んでいます。...

more

遺産相続については焦らずに対処した方が良い

遺産相続についての悩みはたくさんあります。亡くなった方の遺産については、法定相続人が集まって遺産分割協議をしなければなりません。...

more
top